敏感肌向けの化粧品で肌質を改善する【ビューティースキンのススメ】

バストを膨らませるために

バスト

バストは、主に皮膚と乳腺と脂肪とで構成されています。したがってバストアップをさせるには、材料となっているこれらを増やすことが大事と言えます。そのためバストアップクリームには、皮膚の構成成分のコラーゲンやヒアルロン酸、乳腺の成長を促すプエラリアミリフィカのエキス、脂肪を増やすボルフィリンなどが配合されています。これらを与えることで、皮膚や乳腺や脂肪が膨らんでいけば、バストも全体的に膨らんでいくことになるのです。またバストアップクリームには、プラセンタが配合されていることも多いです。プラセンタには、細胞の成長力を高める力があります。そのためバストに与えれば、皮膚と乳腺と脂肪それぞれの細胞が成長しやすくなり、やはりバストアップ効果が出てくるのです。

上記の成分のうちボルフィリン以外は、バストアップサプリにもよく配合されています。口から摂取した場合でも、血液によってバストに運ばれることで、バストアップ効果が出てくるからです。また、バスト以外の部位にも運ばれるので、そこでも肌質が向上したり、女性らしい丸みのあるプロポーションになれたりといった効果が出てきます。そのため昨今では、バストアップクリームを塗りながら、バストアップサプリを飲むという人も増えてきています。そうすることで、バストを膨らませつつ、他の部位の魅力を高めることもできるからです。もちろん、共通している成分を体の外と中の両方から与えることによる、相乗効果も期待できます。これらが最初からセットになっている商品も販売されるようになっているので、併用する人は一層増えていくと予想されています。