敏感肌向けの化粧品で肌質を改善する【ビューティースキンのススメ】

バストを膨らませるために

バスト

バストアップクリームには、バストの材料となる皮膚や乳腺や脂肪を成長させる成分が配合されています。そのため使用することで、バストは膨らんでいきます。バストアップサプリにも一部共通する成分が配合されているので、飲むことで相乗効果が出てきます。他の部位にも効果が出てくるので、併用する人は増えています。

もっと見る

コンシーラーの工夫

女の人

リプロスキンはニキビ跡への対処に適している化粧品であり、化粧水によってニキビ跡をなくすことができます。すぐにでもコンシーラーを使えば隠すことができ、ニキビ肌の人のことを考えて作られた刺激性が低く保湿性の高い成分が含有されているのが特徴です。

もっと見る

地元色を意識したブランド

石鹸

九州に根付く自然や製法を大切にしている会社が長寿の里である。そんな長寿の里が、特別こだわりたいと形にしたブランドが然だ。然は主にスキンケア用品が中心となり、美しく本来の機能を取り戻す可能性がアップするとされている。

もっと見る

デリケートな肌を健やかに

女性

乾燥と摩擦に注意

敏感肌を健やかな状態に保つコツは、十分な保湿を心がけると同時に、無闇に肌をこすらないことです。乾燥や摩擦は、外界の刺激から肌を守るバリア機能を低下させてしまいますから注意が必要です。クレンジングや洗顔はぬるま湯を使って優しく行い、肌に合った化粧品で水分と油分を補うことが、敏感肌のスキンケアの基本です。化粧用具による物理的な刺激や、メイク道具に繁殖しやすい雑菌も敏感肌の大敵です。コットンにも刺激を感じるほど敏感な状態になっている時には、化粧水を直接手にとって肌につけるほうが安心です。メイク道具は柔らかい肌触りのものを選び、繰り返し使用するパフやブラシ類はこまめに洗って、常に清潔を心がけることが大切です。

優しい使い心地が魅力

敏感肌用の化粧品は、合成界面活性剤や香料、着色料、保存料などの添加物の配合が必要最小限に抑えられているため、痒みなどのトラブルを起こしにくくなっています。化粧品に含まれるアルコールに反応してしまう敏感肌の人も少なくないことから、アルコールフリーの商品が多いことも特徴です。アレルギーテスト済みの記載がある商品でも、顔に使用する前に、必ず腕の内側などの目立たない部分でパッチテストを行うことが大切です。敏感肌向けの化粧品ブランドには、敏感肌の人も安心して使えるように設計された美白化粧品やアンチエイジング化粧品も充実しています。優しい使い心地や品質への信頼感から、積極的なスキンケアを望む敏感肌の人たちに人気があります。